会報ねじ

日本ねじ工業協会 TOP > 会報ねじ > 04.委員会・部会の動き、支部の動き

04.委員会・部会の動き、支部の動き

4月理事会
2011年08月15日    カテゴリ:04.委員会・部会の動き、支部の動き 

1.日時 平成23年4月21日(木)14:00~15:20
2.場所 大阪ホテル日航大阪「白鳥の間」
3.出席者数 57名(本人出席32名、代理出席3名、書面をもって議決権を行使する理事22名)
4.議事
冒頭、理事会に先立ち、台灣區螺絲工業同業公會理事長陳明昭氏より、東日本大震災の被災者への同同業公會からの義捐金4,600万円の目録が、竹中会長へ手渡された。(以下、「台灣區螺絲工業同業公會からの義捐金について」参照)
大磯専務理事より本日の理事の出席状況について、本人出席32名、代理出席者3名、書面をもって議決権を行使する理事22名、計57名(欠員2名)で本理事会が有効に成立している旨の報告があった。
竹中会長の開会挨拶の後、経済産業省製造産業局産業機械課係長伊藤昌洋氏より、東日本大震災復興支援に関する施策(補正予算関連(案)等の紹介を兼ね挨拶があった。
竹中会長が議長となり、議事録署名人として議長のほか長谷川副会長、嶋田副会長の2名を選任して議事に入った。

議題1総会付議案件について
(1)平成22年度事業報告書(案)並びに平成22年度決算報告書(案)
大磯専務理事より、資料「平成22年度事業報告書(案)及び資料「平成22年度決算報告書(案)」に基づき、委員会・部会の事業実施状況、会費収入状況及び収支状況について説明すると共に、引当資産として事業遂行引当資産を積立てた旨の説明があった。
議長より、両案を議場に諮った結果、原案どおり承認された。

(2)平成23年度事業計画書(案)及び平成23年度収支予算(案)
大磯専務理事より、資料「平成23年度事業計画書(案)及び資料「平成23年度収支予算(案)に基づき、各委員会・部会等事業計画(案)を説明すると共に、会員の退会に伴う会費収入
減を見込んだ収支予算(案)となった旨の説明があった。
また、事業計画(案)については各担当委員長より詳細の説明があった。
議長より、両案を議場に諮った結果、原案どおり承認された。

(3)次期役員候補等(案)
長谷川副会長(全支部役員選考委員長)より、総会に付議する次期役員候補者については、選考委員方式で選考すること及び各支部の役員選考委員会において次期役員候補者を選定して、本理事会前に開催した「全支部役員選考委員会」で支部毎の役員候補者案を審議検討。そしてその結果、「次期役員候補等(案)」を決定した旨の説明・報告があった。
議長より本案を議場に諮った結果、原案どおり異議なく承認された。

(4)平成23年度会費規程(案)
嶋田副会長・財務委員長より、資料「平成23年度会費規程(案)」について、現行の会費規程を継続いたしたい旨の説明があった。
なお、新会費規定は、実情に即した見直したい旨の補足説明があった。
議長より、平成23年度は現行会費規程を継続することについて、議場に諮った結果、異議なく承認された。
なお、議長より議題1総会付議案件((1)~(4)の各議案)は本日全て承認を頂いたので、来る5月26日(木)開催予定の通常総会に付議し、承認を頂くこととしたい旨の説明があった。

○報告事項
大磯専務理事より、報告事項について、前回報告以降の会議等開催状況、今後の会議等開催予定について説明・報告があった。
以上で議事の全てを終了し、15:20閉会した。

第51回通常総会
2011年08月15日    カテゴリ:04.委員会・部会の動き、支部の動き 

1.日時 平成23年5月26日(木曜日)15:00~16:30
2.場所 WTCコンファレンスセンター「ROOM A」
3.出席者数
正会員総数153名
出席正会員数148名(うち委任状による出席者79名)
4.議事
大磯専務理事から、出席正会員数につき、定款第24条(正会員の過半数の出席により成立)の要件を満たし定足数に達している旨報告。
定款第23条(総会の議長は、会長があたる)の規定により、竹中弘忠会長が議長となった。
議事に入る前に経済産業省製造産業局産業機械課金澤信課長補佐より、ご挨拶及び政府による中小企業への緊急施策等のご紹介があった。続いて議長が本日の議事録署名人に勝谷辰三副会長、長谷川款一副会長及び嶋田亘副会長の3名を指名して議事に入った。

第1号議案 平成22年度事業報告書(案)並びに平成22年度決算報告書(案)承認に関する件
専務理事より、資料「平成22年度事業報告書(案)」及び資料「平成22年度決算報告書(案)」に基づき説明。
続いて監事を代表して田中良典監事が、「去る4月18日に、監事2名が(社)日本ねじ工業協会本部において、平成22年4月1日から平成23年3月31日までの事業年度における財産の状況並びに理事の業務執行状況の監査を行い、貸借対照表、財産目録及び収支計算書は正しく示しており、また理事の職務執行についても法令また定款に違反していないと認める」旨報告。
議長より両案を議場に諮った結果、異議なく承認された。

第2号議案 平成23年度事業計画書(案)並びに平成23年度収支予算書(案)承認に関する件
専務理事が、資料「平成23年度事業計画書(案)」、資料「平成23年度収支予算書(案)」について説明を行った。
議長より本案を議場に諮った結果、異議なく承認された。

第3号議案 平成23年度会費規程(案)承認に関する件
議長より資料「平成23年度会費規程(案)」に基づき、今年度の会費規程は、昨年同様変更を行わないとの説明を行った。
しかしながら平成20年12月の理事会で、新会費規程案の承認を得て、改正することとなっていたが、景気の著しい悪化によりその後凍結していた。
適正な会費金額を定めるため、一度承認された新会費規程を今一度見直し、早ければ来期にも施行したいとの説明を行った。
議長より本案を議場に諮った結果、異議なく承認された。

第4号議案 任期満了に伴う役員改選の件
議長より、資料「任期満了に伴う役員改選の件」に基づき、次期役員候補者は役員選考委員会方式で選任することが理事会で承認されており、この手順に則って作成された役員候補(案)について説明。
さらに、長谷川役員選考委員長より選考経過について説明があった。
議長より本案を議場に諮った結果、異議なく承認された。

第5号議案 新公益法人制度への対応について
平成20年12月1日より公益法人制度関連の法律が施行されており、この法律により従来の財団法人や社団法人等の公益法人は、特例民法法人という位置づけになり、平成25年11月末日までに新しい法人へ移行しなくてはならない。移行する法人には2種類の選択肢があるが、いずれの法人へ移行するにも、内閣府公益認定委員会の認定または認可が必要となる。2つのうちの公益一般社団法人は不特定かつ多数の者の利益増進につながる事業を行うことが必須である。一方もうひとつの選択肢である一般社団法人は、所管官庁の管理下からはずれ、事業内容が自由意思で決定でき、非営利が徹底されている場合は、収益事業のみしか課税されないメリットがある。
従って当協会の場合は、一般社団法人へ移行することが望ましいと考えると専務理事が説明を行った。
議長より本案を議場に諮った結果、異議なく承認された。
この後今期で勇退する役員を報告し、代表して勝谷辰三副会長へ竹中会長より感謝状と記念品を贈呈し、同副会長より謝辞があった。
次に台灣區螺絲工業同業公會から東日本大震災被災者への義捐金の処遇について、特に被害の大きい3つの地方自治体(岩手県、宮城県及び福島県)に寄贈し、当協会会員で甚大な被害を受けた会員に一部を受贈すると議長(会長)より報告があった。
議長は、以上をもって第51回通常総会の議事をすべて終了した旨を述べ、16時30分終了した。