会報ねじ

日本ねじ工業協会 TOP > 会報ねじ > 15.会員企業の広報誌・ニュースレター

15.会員企業の広報誌・ニュースレター

日東精工が、医療分野の参入に向けてメディカル新規事業準備室を設置
2019年08月11日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NEWS RELEASE

2019 年8月9日 

日東精工株式会社

                                      

グループ総合力を結集し医療分野に本格参入

~ 次年度参入に向けてメディカル新規事業準備室を設置 ~

                                       

  日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20、東証1部上場、URL:https://www.nittoseiko.co.jp/)は、本年10 月1 日付 組織改正において、 メディカル新規事業準備室を設置することといたしました。

 

■    背景

当社は、資本提携等の施策により、様々な強みを持ったグループ企業として拡充してまいりました。その強みを活かして、既存事業の増強はもとより、当社の新たな柱となる事業領域の拡大に向けた新規事業への研究開発及び事業支援の投資を進めております。特に、医療分野においては、今後の成長分野としての期待と、持続可能な社会の実現のため積極的に注力してまいりました。

この度、事業参入に向けた組織的な体制が必要になったことから、メディカル新規事業準備室を設置し、中期経営計画の重点施策の一つとして、次年度の本格的な事業開始に向け取り組んでまいります。

 

■    内容

組 織 名 称:メディカル新規事業準備室

目 的:

① 国内向け医療機器の製造と販売体制の確立

② 開発製品の製造及び販売における各種認可の取得

③ 販路拡大に向けたマーケティング活動及び販売促進活動

室 長:石原 雅和

設 置 日:2019年10月1日

 

■ 日東精工 会社概要

 日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)や自動組立機械(ねじ締め 機)計測・検査装置などを製造販売するメーカです。企業の成長のためグループ30 社の総合力を活かし、締結分野を超えた事業領域の拡大を目指しています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工が特例子会社『日東精工SWIMMY株式会社』を設立、障害者雇用と活躍できる職場づくりを推進
2019年08月11日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 

ご相談はこちら

 

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

 

2019 年8月9日

日東精工株式会社

                                         

特例子会社『日東精工SWIMMY株式会社』を設立

~ 障がい者の職場環境の確保を図り、能力を最大限に発揮できる職場づくりを目指す~

                                         

日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、障がい者の雇用と活躍出来る職場づくりを目指し、特例子会社の認定取得を前提とした『日東精工SWIMMY株式会社』を設立することを発表しました。

本特例子会社の設立は、日東精工グループにおけるCSR(社会的企業責任)の一環として、 障がい者の個性や多様性を尊重し、雇用機会の創出や拡大を視野に入れたものであり、これにより当社グループのCSR活動はもちろんのこと、障がい者雇用に関する教育や採用活動などを今まで以上に充実させてまいりたいと考えております。

 

■ 背景・目的

当社は、古くから障がい者の雇用を行っており、障がい者が健常者とともにやりがいを持って、いきいきと働ける職場づくりを目指してまいりました。

企業の社会的責任がより一層求められる中、これまで以上に障がい者が働ける環境を整え、障がいがある方が最大限に能力を発揮できる職場をつくることは企業の社会的使命であると考えており、「障害者の雇用の促進等に関する法令」に基づく特例子会社の認定取得を前提とした「日東精工SWIMMY株式会社」を設立するものです。

日東精工SWIMMY株式会社の設立により、日東精工グループとして障がい者個々の特性に合わせた労働条件がより整備しやすくなり、障がい者の就労の場づくりの拡大に寄与できると考えています。

 

■    日東精工グループが障がい者雇用で目指すもの

①   障がい者が喜びを感じて一歩一歩成長していく職場を提供する。

②   障がい者が安心して能力を発揮できる環境を提供する。

③   地域の障がい者雇用に貢献する。

 

■    設立特例子会社の会社概要

社 名 :日東精工SWIMMY株式会社(NITTOSEIKO SWIMMY CO.,LTD)

社名の由来: 社名の『SWIMMY』は、レオ・レオニ作の有名な絵本「スイミー」に由来し、個々の特性や能力が全体の集まりとなって、より大きな力を創造するという考えを「創発型チーム」という想いに込めたものです。社員一人ひとりの知恵や発想を最大限に引き出しながら活発なコミュニケーションを通じて創造的な成果へと結びつくことを願っています。

 

所在地 :〒623-0054 京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20 番地 

資本金 :1,000万円

株 主 :日東精工株式会社100%

役 員     :代表取締役社 長檀野佳子

事業内容:

   ① 文書電子化、データ入力作業

    ② 印刷業務

   ③ 社内配送業務

   ④ 施設・設備の清掃及び維持管理

経営理念 :一人ひとりの個性の単純な足し算に留まらない創造的な効果を生み出し日東精工グループの一員として、感謝の心で社会に貢献する。

 

■ 設立日:2019 年9 月(予定)

■ 本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工が、綾部市市民センターのネーミングライツ契約締結式にて署名
2019年08月04日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 ご相談はこちら

 今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NEWS RELEASE

 2019年8月1日 

日東精工株式会社

                                       

綾部市市民センターのネーミングライツ契約締結式にて署名

〜 「あやべ・日東精工アリーナ」の名称にて綾部市と5年間の契約を締結 〜

                                       

日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、10月にオープン予定の綾部市市民センターのネーミングライツ契約締結式において、綾部市長山崎善也様と当社代表取締役社長材木正己が署名を行いましたのでお知らせいたします。

Ceremony of conclusion of a contract 2019-08-04 15.41.18.png

 

■    綾部市市民センター ネーミングライツ契約締結式の概要

2019 年7 月29 日、綾部市役所まちづくりセンターにおきまして、締結式が執り行われました。式には、綾部市長山崎善也様など関係者が出席。当社からは、代表取締役社長材木正己と経営管理担当取締役荒賀誠、経営企画室室長上原規らが出席しました。契約書の署名を終えた後に山崎市長、材木社長が挨拶し、喜びを分かち合いました。

 

山崎市長 本市初のネーミングライツパートナーとなっていただいた日東精工株式会社様は、この綾部の地で創業をされ、地域に密着した企業です。社是に「我らは良い貢献をする」と掲げられておられるように、市内で開催される行事やイベントに積極的に参加・協賛いただいており、綾部市民によく知られ、親しまれています。

新しい綾部市市民センターは、従来市民から広く愛され、活用され続けてきた市民センター、武道館の両機能を統合した複合型施設で、子どもから高齢者まで気軽にいつでも楽しくスポーツ、文化活動を参加出来るとともに、災害時には避難所としての機能も併せもつ、先駆的な施設となっています。

この「あやべ・日東精工アリーナ」という愛称が、広く市民の皆様に親しまれ、定着し、また大勢の方々に利用していただけるよう、我々も努めてまいります。

 

材木社長 新しく誕生します「綾部市市民センター」のネーミングライツの募集に当社が応募しましたところ、優先交渉者に選んでいたただき本日の契約書締結に至りましたこと大変嬉しく感じております。

当社は1938 年2月に京都府綾部市で設立し、今年で81 年目を迎えました。決して平たん、順調な歩みではなく、苦労した時期もありましたが、綾部市の行政そして市民の皆様の温かいご理解と有形無形のご支援で乗り越えてまいりました。苦しい時に寄り添い助けていただいた地元への感謝の心を忘れることなく、これからも綾部市の皆さんとともに成長発展してまいる所存です。

私どもは本施設の運営を支援することで、綾部市民の皆様が笑顔でいきいきと活動される ことを応援し、市の安心安全の街づくりをサポートしてまいりたいという思いで「あやべ・日 東精工アリーナ」という愛称をつけさせていただきました。一日でも早く、市民の多くの皆様に馴染み、ご愛顧いただきたいと願っております。

 

■ ネーミングライツ概要

1.ネーミングライツ名称  :「あやべ・日東精工アリーナ」

2.ネーミング付与対象施設 :綾部市市民センター

 

■ 対象施設概要

1.施設    :綾部市市民センター

2.所在地   :京都府綾部市西町三丁目南大坪39 番地の10(綾部駅から徒歩3分)

3.施設の特長 :子どもから高齢者までスポーツ、文化活動ができる複合型施設。

災害避難所としても利用を想定

敷地面積:約12,400m² 構造:鉄筋コンクリート造3階建て

 

■    会社概要

 日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測検査装置などを製造販売するメーカーです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは大きなシェアを誇ります。近年はCSR活動にも注力しており、ねじの大切さと素晴らしさを伝え、一般認知度の向上とブランド力の強化に努めています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工のパラグライディング部の岩﨑拓夫が『文部科学大臣表彰』を受賞
2019年08月04日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 ご相談はこちら

 今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 NEWS RELEASE

2019年8月1日

日東精工株式会社

                                            

日東精工パラグライディング部の岩﨑拓夫が『文部科学大臣表彰』を受賞

〜 アジア競技大会の団体優勝を評価 〜

                                             

日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、昨年8月18日から 開催された「第18 回アジア競技大会」に当社従業員の岩﨑拓夫がパラグライディング競技に 日本代表選手として出場しました。この競技で優秀な成績を残したことを評価していたただき、7 月23 日にホテルニューオータニ(東京都千代田区)において文部科学大臣より表彰を受けたことをここにご案内いたします。

 Iwamoto player who received official commendation 2019-08-04 14.29.18.png

表彰を受ける岩崎選手

The para gliding group player who received official commendation 2019-08-04 14.29.34.png

表彰を受けるパラグライディング団体選手と中央の鈴木大地スポーツ庁長官

 

■    受賞式の概要

日 時 :2019年7月23日

場 所 :ホテルニューオータニ(東京都千代田区)

受賞内容:文部科学大臣表彰

授与者 :岩﨑拓夫 

喜びの声:大変うれしく光栄に思います。賞を頂けたことが、これまで支援してくださった方々への恩返しとなれば幸いです。今後も挑戦していきます。

 

■    背景

昨年8月18日から9月2日までインドネシア共和国 ジャカルタ・バレンバンで開催された「第18 回アジア競技大会(The 18th Asian Games XVIII)」ではじめてパラグライディング競技が新設され、JHF(日本ハング・パラグライディング連盟)2017 年度リーグチャンピオンに輝いた当社パラグライディング部の岩﨑拓夫が男子チームの団体選手として選出されました。岩﨑選手の出場に際し、材木社長はじめ会社を挙げて応援し、また、開催国であるインドネシアにおいては、日東精工グループの現地法人PT. NITTO ALAM INDONESIA (NAI 社)の社員と家族が競技場で声援を送りました。 大会では強豪国が多いなか、クロスカントリー競技おいて、日本団体男子チームが見事金メダルを獲得し、岩﨑はその中心選手として活躍しました。

 Iwamoto player and the NAI staff who supports2019-08-04 14.29.51.png

ブンチャック競技会場の応援(岩崎選手とNAI 社従業員と家族)

 

■    岩﨑拓夫プロフィール(参考資料)iwamoto.png

1983年 京都府舞鶴市生まれ、36歳。

2005年 金沢工業大学時代に、獅子吼高原(ししくこうげん石川県白山市)でパラグライダーを始める。

2006年 日東精工株式会社入社。現在、産機事業部技術部開発課所属。 

2017年 年間ランキング 1位

2018年 年間ランキング 18位

2019年 年間ランキング 1位(2019年7月30日現在) 

※年間ランキング:※(公財)日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)

 

■    会社概要

日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査装置などを製造販売するメーカーです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。

当社は、従業員の心身の健康づくりと親睦を目的として、各種部活動を設置し、その活動 を奨励しています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範 

TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工が子どもたちのために約100 冊の本を綾部市図書館へ寄贈
2019年07月29日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

 今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NEWS RELEASE

2019年7月22日

日東精工株式会社

                                   

子どもたちのために約100 冊の本を綾部市図書館へ寄贈

〜 本年で5回目、書籍『絆経営で目指す新しい地方創生』などの印税をもとに寄贈 〜

                                   

 

 日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、今年3月に出版しました『絆経営で目指す新しい地方創生 −心のねじがキュキュッと締まるビジネスのヒント−』などこれまでの発売書籍の印税をもとに教育本や児童書に換え、7 月20 日に開催されました綾部市図書館主催「なつのつどい」の式典において、5 年連続寄贈させていただきました。書籍販売を通して始まった「絆」「つながり」は、次世代の担う子どもたちへのメッセージとして大きく広がっていきます。

■    背景

日東精工株式会社では、CSR(社会貢献活動)の一環として、2015年より「次の世代につなげる大切さ」を形にするため、印税をベースに児童書を図書館に寄贈する取り組みを実施し ております。

The books sold recently2019-07-29 12.58.50.jpg

近年発売の書籍 

■    書籍贈呈式の概要

2019 年7 月20 日、綾部市図書館におきまして、書籍贈呈式が執り行われました。式には、綾部市教育長足立雅和様、綾部市図書館生駒彩子様など関係者が出席、当社からは、経営管理担当取締役 荒賀誠と経営企画室室長上原規らが出席しました。また本贈呈式は、同図書館 の「なつのつどい」と称された子ども向け人形劇や工作教室などのイベントも兼ねて実施され、大勢の子どもたちが参加しました。式典終了後には、子ども達はさっそく贈呈本を手にとり、楽しそうに本を読んでいました。各関係者の喜びの声は下記の通りです。

 

綾部市教育長 足立雅和 様

 「読書には、聞く・考える・話すという基本的な能力を高め、しかも情緒豊かで優しい子どもを育てる優れた効果があります。綾部市教育委員会にとっても幼児・児童教育には特に力を注 いでおり、長年にわたりこのように子どもたちの喜ぶ書籍を寄贈いただけることに感謝をしています」

 

綾部市図書館長 生駒彩子 様

 「寄贈いただけるのも5年目となり、図書館職員一同、毎年この時期になるとサンタさんを待つように楽しみにしています。寄贈いただいた新しい本は子どもたちに特に人気で、毎年すぐに貸し出されていくんですよ」

 

式典に参加した子どもたち

 「読みたかった新しい本が入ったのでうれしい。たくさん本を借りて家で読むのがたのしみ」

 

日東精工株式会社 経営管理担当取締役 荒賀誠

 「1年目は本の販売が主体で、予期していなかった印税の使い道として、児童書の寄贈を行いました。しかし最初の寄贈式で子どもたちの喜ぶ笑顔を見て、今では逆にもっと多くの子どもたちに新しい本を届けられるよう、そしてこの寄贈がずっと行えるよう、当社書籍の販売を頑張らねばと思っています。」

 

Contribution ceremony2019-07-29 12.59.43.jpg Contribution ceremony2019-07-29 12.59.29.jpg

寄贈式の様子

 

■    寄贈書籍

 

「うごく!あそべる!超かんたん工作」、「写真とデータでわかる平成時代」

「職場体験完全ガイド第11 期(会社員編)」、「個性ハッケン!50 人が語る長所・短所」

「図書館版 ふたご魔女のうらないシリーズ」、「たちまちクライマックス!」等、約100冊

 

■ 会社概要

 日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査 装置などを製造販売するメーカーです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。近年はCSR活動にも注力してお り、受験生を応援するゆるみ止めねじのプレゼントやオリジナルのねじ万華鏡作りの企画を実践するなど、ねじの大切さと素晴らしさを伝え、一般認知の向上とブランド力の強化に努めています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工が、地元綾部市で建設中の綾部市市民センターのネーミングライツ優先交渉権を獲得
2019年07月04日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 

ご相談はこちら

 

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

 

2019 年7月4日 

日東精工株式会社

                                       

地元綾部市で建設中の綾部市市民センターのネーミングライツ優先交渉権を獲得

 ~ 「あやべ・日東精工アリーナ」の名称にて綾部市と5年間の契約を締結 ~

                                       

                                                                                                                                         

日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、創業の地である綾部市で現在建設中の新しい市民センターのネーミングライツに応募し、この度優先交渉権を獲得しましたのでお知らせします。当社は創業以来の81 年間に遂げてきた成長発展は、ひとえ に地元綾部市の有形無形のご支援の賜物であると考えており、「地域とともに発展する」という基本理念の下で本ネーミングライツに応募をいたしました。当社がネーミングライツを通じ、新しい市民センターの運営をサポートすることにより地元・綾部市の市民の皆様の活動を応援したいと考えております。

 

■    背景・目的

当社は1938 年2月に京都府綾部市で設立いたしました。地元産業の発展と地域雇用の創出を目的として設立されたのが始まりです。以来当社は、地元に密着し、ともに発展することを基本としてきました。また当社経営理念「我らの信条」には「社会貢献」として「我らが日々の勤めにいそしむことの出来るのも社会の恩恵による。感謝の心を仕事に活かして社会に貢献する」の一節があります。当社はこの理念に基づいて、設立から幾多の困難の際にも温かく見守り支えていただいた地元地域を中心に近年様々なCSR活動を展開しています。

この度、綾部市の新たに建設中の市民センターにおけるネーミングライツ募集に当社が応募し、優先交渉権を獲得するこができました。本施設は綾部駅至近の市街中心部に立地し、 スポーツ、文化活動の両機能を有する複合型施設です。高齢者や障がい者にも優しい設計で、 太陽光パネルの設置など環境負荷にも配慮するとともに、災害避難場所としての機能も持ち、今後多くの市民の皆様の利用が期待できる施設です。当社はネーミングライツを通じ本施設の運営を支援し、綾部市民の皆様が笑顔で楽しい活動ができることを応援するとともに、綾部市の安心安全の街づくりをサポートしてまいりたいと考えています。

 

■ ネーミングライツ概要

1.ネーミングライツ名称:「あやべ・日東精工アリーナ」

2.ネーミング付与対象施設:綾部市市民センター

3.ネーミングライツ料金;5年間総額600 万円(年額120 万円)

4.ネーミング付与権利期間 :2019年10月15日~2024年10月14日

 

■ 対象施設概要

1.施設:綾部市市民センター

2.所在地:京都府綾部市西町三丁目南大坪39 番地の10(綾部駅から徒歩3分)

3.施設の特長:子どもから高齢者までスポーツ、文化活動ができる複合型施設。

災害避難所としても利用を想定

敷地面積:約12,400m² 構造:鉄筋コンクリート造3階建て

4.外観と内部の様子:

 Ayabe Citizen center2019-07-04 13.59.02.jpg

外観写真

 

Ayabe Citizen center Ist Floor .jpg

 1 階武道場

 

Ayabe Citizen center 2nd Floor.jpg

 2 階競技場

 

■    会社概要

日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測検査装置などを製造販売するメーカーです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは大きなシェアを誇ります。近年はCSR活動にも注力しており、 ねじの大切さと素晴らしさを伝え、一般認知度の向上とブランド力の強化に努めています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

TE:045-545-3316  FAX:045-545-6935

以上

日東精工が、夏休みの子どもを対象に、ねじを学べる展示会2展に参加
2019年05月31日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NEWS RELEASE

2019年5月31日

日東精工株式会社

                                         

ねじの日企画。夏休みの子どもを対象に、ねじを学べる展示会2展に参加します

〜 紙ねんどで作ろう!自分だけのねじ「ねじはかせに、キミはなる!」 〜

                                          

 

 日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、未来を創る子どもたちの成長を応援するとともに、6 月1 日の「ねじの日」を記念して、ねじの大切さやしくみを 広く知っていただく機会づくりを行うため、次の2つの展示会へ出展しますのでお知らせいたします。

■    背景・目的

当社は、経営理念「我らの信条」にうたってある、事業を通じた「社会貢献」を実現するために、近年様々なCSR活動を展開しています。とりわけこれから未来を創造する子どもたちの育成には力を注いでおり、2014 年5月に出版しました『人生の「ねじ」を巻く77 の教え』の書籍印税をもとにした地元図書館への教育本や児童書寄贈は4年以上行っており、他にも、 子ども向け就業体験「あやザニア」への出展や、府立工業高等学校へのねじ締めロボット寄贈など幅広く実施しています。

また、工業用ファスナー(ねじ)のリーディングカンパニーとして、ねじの認知度向上や業界の話題性づくりにも協力しており、6月1日の「ねじの日」を機会としたイべントなどを 企画してまいりました。

今年は、これらの要素を融合させ、子どもを対象に「教育支援」「人材育成」「ねじの認知度向上」「話題作り」を目的とした下記2つの展示会に出展することにいたしました。

 

■    イベント内容(予定)(日東精工が出展あるいは運営担当)

 ・ねじの作り方の勉強:子どもたち自身が、紙粘土でねじの形状を成形。模擬的なめっき、熱処理、包装工程もあります。完成したねじやねじを楽しく学べる 「宿題用冊子」を参加者全員にプレゼント。夏休みの自由研究課題としてご利用いただけます。

・ねじの種類の勉強:色々なねじの展示や間違い探しコーナーなど

・ねじの機能の勉強:取り外し防止ねじの取り外し挑戦コーナ、極小ねじ締付け体験コーナーなど

  The state of the experience  (last year) 2019-05-31 12.42.36.jpg

体験の様子(昨年の展示会より)

rolling process 2019-05-31 12.42.50.jpg

ローリング工程(ねじ山作り)の様子

 Heat-treatment process 2019-05-31 12.43.04.jpg

熱処理工程の様子

learning about  screws.2019-05-31 12.43.22.jpg

色々な体験コーナーで勉強

 

■    展示会概要

1.  夏休み2019 宿題・自由研究 大作戦!(京都会場)

 日時:2019 年7 月24 日(水)~25 日(木)

 会場:京都・みやこめっせ

 出展者:日東精工株式会社

 主催:日本能率協会 

 展示会詳細:展示会の詳細や入場参加登録は、当社のホームページでご案内いたします。

 

2.  プレス板金フォーミング展MF-Tokyo2019

 日時 :2019年7月31日(水) ~8月3日(土)

 会場 :東京ビッグサイト 西1・2 & 南1・2 ホール

 出展者 :(一社)日本ねじ工業協会

 主催 :日本鍛圧工業協会 

 展示会詳細:展示会の詳細や入場参加登録は、日本ねじ工業協会のホームページ

        (http://www.fij.or.jp/blog/cat06/mf-tokyo2019.html)をご確認ください

 備考 :本展示会は(一社)日本ねじ工業協会様が出展参加され、同協会の「子供たちの自由研究に役立つ体験学習の場を用意したい」というご意向に当社が全面協力させていただくものです。(一社)日本ねじ工業協会様のブースでは他にも「ねじの正しい締め付け体験教室」や、日本への初めてのねじ伝来と言われる「火縄銃の展示」なども予定されています。ぜひお越し下さい。

 

■    会社概要

 日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測検査装置などを製造販売するメーカーです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。

 近年はCSR活動にも注力しており、ねじの大切さと素晴らしさを伝え、一般認知の向上と ブランド力の強化に努めています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

 日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

    TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935


以上

日東精工のマレーシア現地法人MPM 社が創立25 周年
2019年05月17日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。 会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NITTOSEIKO NEWS RELEASE

2019年5月17日

日東精工株式会社

 

                                                                                                                                                                                 

マレーシアの現地法人MPM 社が創立25 周年を迎えました。

〜 自動車業界に注力し、より一層の拡大と発展を誓いました 〜

                                     

 

 日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)のマレーシアの連結子会社であるMALAYSIAN PRECISION MANUFACTURING SDN.BHD.(以下MPM 社)は、 この度創立25周年を迎え、4月 9日に記念式典を開催しました。同社役員・幹部・従業員の ほか、日本からは材木正己代表取締役社長や役員陣が出席。合弁先である株式会社テクノア ソシエ様からも伊藤准代表取締役専務らが出席し、各賞の表彰式を行い25 年の節目を喜びました。

 

■    25 周年式典の概要

 冒頭、MPM 社の片山直人社長は25 年の歩みを振り返りながら「立上げから関わってこられた先輩の方々に敬意を表すとともに、日東精工海外グループの中で1番を目指し、30 年,50 年に向けて一層の社業に励んでいきたい」と述べ、顧客、仕入れ先、社員やグループ各社など多くの関係者に謝意を示しました。

 日東精工の材木社長は、「設立当時は従業員88 人、ねじ製造設備37 台からスタートしたこの会社が、今では従業員135 人、ねじ製造設備90 台を超えるまでに大きくなった。グローバルな品質やコストの厳しい要求が増すお客様に応えていくとともに、日本とマレーシアの友好と発展にも寄与していきたい」と祝辞を述べました。

 テクノアソシエ伊藤専務取締役は、「マレーシアは、設立当時と比べると大きく発展してきた。MPMでの活動を通してマレーシア経済の発展に加われたことは大変嬉しく思う。私達はチームである。私達は、素晴らしいMPM の更なる発展のためにしっかりと一つの心で進んでいきたい」と祝辞を述べられました。

 President and ceremony participant2019-05-17 15.48.19.png

左からMPM 片山社長,テクノアソシエ 伊藤専務, MPM フェリシアシニアマネージャ,日東精工 材木社長

Ceremony participant 2019-05-17 15.48.07.jpg

式典集合写真

 

■    喜びの声

 計画から開催まで全てを行ってきたプロジェトのメンバーからは「計画から開催までいろいろと大変でした。しかし、パーティでの皆の笑顔を見ていると嬉しく感じました。またやりたい」という言葉や従業員からは「年始朝礼の挨拶で式典があることを知り、ずっと楽しみにしていた」という声を聞きました。また、式典を終えた後も「楽しかった」「ありがと う」と従業員全員が喜びに溢れていました。

 

■    会社概要

 MALAYSIAN PRECISION MANUFACTURING SDN.BHD.は1994年1月に設立しました。工業用ファスナーの総合メーカと総合商社としての両社の優位点を活かし会社運営しています。製造品目は、2~5mm の座金組み込みねじをはじめ小ねじ、タップタイトねじなど工業用ファスナーを中心に、月産1 億本の生産能力を誇ります。輸入販売では締結部材を中心にテープ類やダイキャスト品等、幅広い商品を取り扱っています。今後同社では、QCD を含めたお客様対応力を一層高め、自動車業界へのシフトに注力するとともに、自動組立機械や自動検査装置などの取扱いも拡大し、より一層の事業拡大を図りたいと考えています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

  日東精工株式会社 企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

  TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

日東精工の中国現地法人、NPS 社が第2の販売拠点「広州支店」を開設
2019年05月16日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。 会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 

ご相談はこちら

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ---------------------- 

NITTOSEIKO NEWS RELEASE

 

2019年5月13日 

日東精工株式会社

                                    

中国の現地法人であるNPS 社が、第2の販売拠点「広州支店」を開設

〜 中国南部エリアでの拡販を強化し、更なるグローバル展開を加速 〜

                                  

                                                             

 日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 社長:材木正己)は、中華人民共和国における当社連結子会社である日東精密螺絲工業(浙江)有限公司(以下「NPS 社」)が、広州市に支店を開設することを発表しました。

 本支店開設は、日東精工グループにおける成長戦略の一環として、中国市場での事業拡大 を視野に入れたものであり、これにより当社グループのグローバル展開をさらに拡大させてまいりたいと考えております。

 

■ 背景・目的

 当社は、海外に13 社の連結子会社と1 拠点を設け、グローバルなモノづくりを展開しています。中でも中華人民共和国における当社連結子会社のNPS 社は、2001年に設立され、家電、IT・情報機器を中心に工業用ファスナー(ねじ)の製造販売を行っています。また、2009 年 からは、当社ねじ締め機などの産機事業部製品の販売を開始し、自動車業界を中心にお客様から好評をいただいております。多くのお客様が拠点を置く華南地区において、今後更にお客様との接点を強化し、高品質化のニーズに当社グループのねじおよびねじ締め機をセットにしたトータルファスニングソリューション(総合力による締結問題解決)を提供するため、この度、広州市に支店を開設することといたしました。本支店の開設により、迅速なサービス体制とモノづくり提案によるお客様満足度の向上と受注の拡大を実現してまいります。

 location of NPS company branch office2019-05-16 9.09.21.png

■    対象支店の概要

 支店名:日東精密螺絲工業(浙江)有限公司 

 広州支店 所在地:広州市海珠区石崗路27 号緑地浜江匯813 号

 責任者:副総経理 植田 秀太郎

 事業内容:工業用ファスナーならびに自動ねじ締め装置の販売

 

■ 営業開始日

 2019年6月1日(予定)

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

       日東精工株式会社 企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

       TEL:045-545-3316   FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工が 超小物部品専用検査選別装置MISTOL Fタイプ発売
2019年05月15日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。 会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 

ご相談はこちら

 

 ---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 NITTOSEIKO NEWS RELEASE

 

2019年5月13日

日東精工株式会社

 

                                     

工業用部品の検査装置で培った技術がさらに進化

〜 超小物部品専用検査選別装置ミストル(MISTOL®)F タイプを新発売 〜

                                     

 

 ■ はじめに

 日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20、東証1部上場、URL:https://www.nittoseiko.co.jp/)は、2006年に小物部品検査選別装置「ミストル(MISTOL®)」 を発売以来、小物部品の検査精度や高速性が求められる自動車業界を中心に高い評価をいただいてまいりました。

 この度、超小物部品専用検査選別装置「ミストル(MISTOL®)Fタイプ」を開発し、新たなライン ナップとして2019年6月3日から販売を開始いたします。

 

■ 製品開発背景

 長年にわたって精密ねじ、セルフタッピンねじのリーディングカンパニーとして生産設備の内製化やお客様の生産体系に合わせた自動組立設備、検査設備を提供してきました。そのノウハウを結集し、お客様の品質を高めることを目的として開発した小物部品検査選別装置「ミストル(MISTOL®)」は発売以来、高い評価をいただいてまいりました。

 この度、超小物部品検査への挑戦として、これら長年にわたって培ってきた技術をもとに極小ねじなどの超小物部品の検査が可能な超小物部品専用検査選別装置「ミストル(MISTOL®)Fタイプ」を開発いたしました。

 「ミストル(MISTOL®)Fタイプ」は、極小検査工程の救世主として、お客様のモノづくりをサポートしてまいります。

 

■ 製品概要・特長

 大量の部品を生産する製造工程では、品質を維持する検査工程は欠かせません。特に極小部品の検査では、ワークの安定した搬送が難しく検査にも多くの時間が必要になります。

 この度、開発しました超小物部品専用検査選別装置「ミストル(MISTOL®)Fタイプ」は、このような課題を解決し、素早く正確な検査が可能で、製品の品質管理に大きく貢献いたします。

(1) 超小物部品の検査に対応

 0.6~1mm径の極小部品の検査(外観、寸法)が可能。

(2) 省スペース設計

 検査部の省スペース設計により卓上に設置が可能。

(3) ガラスディスク採用

 硬質ガラスディスク採用によりワーク上下端面の同時検査が可能。

 ワークを固定しない検査のため、ワークの詰まる心配がありません。

 (4) NG品のみを確実に排出

 NG排出部の設計を見直し小型化と確実なNG品排出を実現。

(5) 省力化設計

 指定数量完了での停止や夜間運転に必要な自動停止の機能を追加し無人化運転に対応。

Target product(Minimal screw)  2019-05-15 8.39.11.png

検査対象部品例(極小ねじ)

 

■ 製品外観・寸法・重量

 appearance of the product 2019-05-15 8.39.01.png

■ 製品仕様

specification of the product 2019-05-15 8.39.25.png

 

■ 販売計画

  ターゲット業界  自動車部品業界、家電業界

  希望販売価格   12,900千円より

  目標販売台数   20台/ 年

 

以上

■    当ニュースリリースに関するお問い合わせ先

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

〒223-0052 神奈川県横浜市港北区綱島東6丁目2番21号

電話045-545-3316