会報ねじ

会報ねじ 新着記事

オンライン「60周年協会変革ビジョン発表会」を開催。会員113名が視聴
2021年11月12日    カテゴリ:06.未来開発・パブリシティ委員会の特集記事 

昨日となる11月11日、協会創立60周年記念行事の一環として「60周年協会変革ビジョン発表会」がオンラインで開催されました。

 

これまで60周年を目指して2018年から、会員アンケート、訪問インタビュー、ねじ座談会など、「会員に聴く」イベントを実施して参りました。そして、如何にして会員の皆様のご期待の声に応えて行くか、「協会変革ビジョン」の検討をして参りました。当初は60周年記念式典での発表を予定していましたが、コロナ禍で式典は三度も延期となってしまいました。この度は、椿会長はじめとする役員の「一刻も早く協会変革を進めて行きたい」との強い意向から、オンラインによる発表会を実施する運びとなったものです。

 

発表会は、椿会長、藤田副会長、高須副会長、西川未来開発パブリシティ委員会副委員長らの関係者が、東京のスタジオからライブ配信を行う形式で実施されました。そして、視聴をご希望の会員様170名のうち113名の方が視聴されました。

 

プログラムは以下の通りで、司会進行を担当する高須副会長の挨拶で始まりました。

・    「今なぜ、『協会変革ビジョン』なのか?ここに至る経緯について」藤田副会長

・    「60周年記念座談会」ビデオ

・    「協会変革ビジョンの発表と変革宣言」椿会長

・    質問の紹介と回答

 以上がご報告です。

あいにく都合がつかず、「参加できなくなり残念」とのご連絡もいただきました。そこで、この「60周年協会変革ビジョン発表会」の模様は、以下の通り録画配信をさせていただくことになりました。今回のライブ配信を見逃された方、ご関心のある方は、是非、この期間にご視聴いただきますようご案内申し上げます。

 

・    配信期間(期間限定)  2021年11月18日(木)から12月17日(金)

・    視聴手続きのご案内 別途、以下のメールにてご案内させていただきます。

            -       今回配信先のメール登録をされた方

            -       窓口責任者の方、会員企業のメルマガ登録をされた方

 

こうして、「60周年を協会変革のスタートラインに!」に、これからさまざまなトライアルや、ご提案をさせていただく活動が始まることになります。また、その具体的な内容につきましては、また、改めてご報告させていただきます。

以上

Mr.Takasu 2021-11-12 6.55.50.jpg全体司会:高須副会長

Mr.Fujita 2021-11-12 6.52.53.jpg「今、なぜ協会変革ビジョンなのか?」:藤田副会長

Mr.Tsubaki 2021-11-12 6.41.58.jpg「協会変革ビジョンの説明と変革宣言」:椿会長

 

日東精工の代表取締役社長 材木正己が「旭日双光章」を受章
2021年11月04日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

 

ご相談はこちら

 

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

2021 年11 月4 日

日東精工株式会社

 

------------------------------------------------------------------------------

当社代表取締役社長 材木正己が「旭日双光章」を受章

~ 産業振興・地域人材育成など多数の功績が認められました ~

------------------------------------------------------------------------------

 

日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20 番地、東証1部上場、URL:https://www.nittoseiko.co.jp/)は、2021 年11 月3 日"令和3年秋の叙勲"において、当社代表取締役社長 材木正己が「旭日双光章」を受章しましたので、ここにお知らせいたします。

 

■    叙勲概要

叙勲は、経済産業省などの各省から推薦された各界功労者に授与されます。

また、受章者は、春・秋の年2回 内閣府の審査を経て閣議に諮られ決定されます。

今回、①産業振興および当社企業価値向上②多様性のある人材活用や健康経営の推進による社会的評価向上③締結業界の認知度向上④地域の人材育成などの功績が認められ「旭日双光章」を受章するに至りました。

 

■    材木よろこびの声

このたび旭日双光章の栄に浴し、身に余る光栄に存じます。president Zaiki 2021-11-04 17.02.26.png

本受章は地域の雇用創出、産業振興に寄与することを創業目的として、微力ながら努力を続けてきた日東精工グループを代表していただいたものと受け止め、心より感謝申し上げると共に、従業員全員で喜びを分かち合いたいと思います。

これを励みとし、これからも「従業員・お客様・地域との絆」を大切に社会の発展に貢献できるよう精進してまいる所存でございます。

 

■    材木正己プロフィール

1950 年 京都府生まれ

1971 年 日東精工株式会社に入社

2005 年 取締役

2010 年 常務取締役

2011 年 代表取締役

2013 年 代表取締役社長(現在)

 

■    受彰(認定)歴、取り組み内容など

2018 年 京都府産業功労者表彰(地域振興)

2019 年 えるぼし認定(女性活躍推進)

2019 年 特例子会社「日東精工SWIMMY株式会社」設立(障がい者雇用の推進)

2020 年 くるみん認定(女性活躍推進)

2021 年 スポーツエールカンパニー(健康経営の推進)

2021 年 健康経営銘柄2021(健康経営の推進)

2021 年 健康経営優良法人2021「ホワイト500」(健康経営の推進)

2021 年 あったか子育てきょうと表彰(子育て支援)

 

■    会社概要

日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査装置などを製造販売するメーカです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。当社は、"よい自己をつくり、よい仕事をし、よい貢献をする"を行動の原点とし、お客様・地域・環境にやさしい製品を提供しています。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 マーケティング係 係長 有本 大祐

TEL:045-545-3316 FAX:045-545-6935

 

以上

日東精工従業員が、第17 回FAI パラグライダー世界選手権大会に出場!
2021年10月25日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 NEWS RELEASE 

2021 年10 月25 日

日東精工株式会社

 ---------------------------------------------------------------------------------

第17 回FAI パラグライダー世界選手権大会に当社従業員が出場!

~ 壮行会を実施 競技用ヘルメット贈呈 ~

 ---------------------------------------------------------------------------------

 

日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20 番地、東証1部上場URL:https://www.nittoseiko.co.jp/)は、本年10 月31 日より開催のFAI 世界パラグライダー選手権大会に出場する当社従業員の壮行会を開催しましたことをお知らせいたします。

 

■    壮行会概要

日 時:2021 年10 月18 日 14:00~

会 場:日東精工株式会社 本社工場 第1会議室

出場選手:岩﨑拓夫(産機事業部 技術部 開発課 開発係)

壮行会では、当社代表取締役社長の材木より「従業員全員で応援しています。日頃の練習の成果を発揮して悔いの残らぬよう頑張ってください。」と激励の言葉が贈られ、出場選手当社パラグライディング部 岩﨑から「日本代表として全力を尽くします。」と力強いコメントがありました。

会場に集まった従業員の温かい拍手の中、材木から岩﨑へ今大会で使用する日東精工グループ ロゴマーク入り競技用ヘルメットが贈呈されました。

 

President Zaiki encouraged  Iwasaki 2021-10-25 18.38.48.png

 

■    大会概要および競技概要

大 会 名:第17 回FAI 世界パラグライダー選手権大会

(17th FAI World Paragliding Championship)

大会期間:2021 年10 月31 日~11 月13 日

開 催 国:アルゼンチン共和国

出場競技:クロスカントリー

出場予定国:40か国

 当社パラグライディング部の岩﨑は、今回、設定されたフライトコースをいかに早くゴールするかを競う「クロスカントリー」に出場します。

クロスカントリーは、複数日フライトし、すべてのフライト得点を加算して順位を決定する競技であり、今回の大会は、個人戦と団体戦が並行開催されます。団体戦は、各国代表5名の内、上位2名のフライト得点を合算して国順位が決定されます。

 

■    岩﨑拓夫プロフィール

2005 年:高原(石川県白山市)でパラグライダーを始めるParaglider player Iwasaki  2021-10-25 18.38.34.png

2008 年:競技に参加し始める

2015 年:国内の大会で優勝多数

10 年以上破られなかった国内長距離飛行記録を更新(2013 年度 160km)

2016 年:日本選手権 優勝

2017 年:ジャパンリーグ年間ランキング1位

2018 年:パラグライダー ワールドカップ オーストラリア 23 位

アジア競技大会 クロスカントリー団体男子で金メダルを獲得

2020 年:ジャパンリーグ年間ランキング4位

日本代表選抜ランキング2位

※年間ランキング:※(公財)日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)

 

■    会社概要

日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査装置などを製造販売するメーカです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。当社は、従業員の健康づくりと親睦を目的として各種部活動を奨励しています。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先

【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

                     日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 

                    マーケティング係 係長 有本 大祐

                    TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

以 上

令和3年9月27日 ZOOMによるステンレスねじ部会が開催されました。
2021年10月15日    カテゴリ:04.委員会・部会の動き、支部の動き 

この度のステンレスねじ部会は、4度目の緊急事態宣言が出たことに
より当初予定の集合による会議を変更し、ZOOM形式で開催されました。

冒頭、西川部会長より以下の挨拶がありました。
「前回の会議の時よりもさらにねじ業界を取り巻く状況が厳しくなって
きているので、今後は材料の供給をしっかり鉄鋼メーカーにお願いし、
製品を作って行くことが重要と思われる」

引き続き、部会員による市況に関する情報交換が行われ、好調な製造品目
がある反面自動車関連の減産の影響を心配する声も聞かれ、「材料の高騰
及びタイト感、自動車減産の影響など、ねじ業界を取り巻く環境は厳しく、
今後を見通せない状況となっている」と意見がまとめられました。

次回ステンレスねじ部会は集合を前提として以下の日程に決定しました。
・12月14日(火)14:00~
 関西支部 会議室にて行う予定(但し、コロナ感染状況による)

※ご参加いただいた部会員の皆様

0927suten2.jpg

日東精工が、小物部品専用検査選別装置ミストル(MISTOL®)ロボタイプを新発売
2021年09月30日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

NEWS RELEASE                                                  

2021 年9月 30 日

--------------------------------------------------------------------------------------

工業用部品の検査装置で培った技術がさらに進化

~小物部品専用検査選別装置ミストル(MISTOL®)ロボタイプを新発売 ~

--------------------------------------------------------------------------------------

■    はじめに

日東精工株式会社( 代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑 20 番地 、東証1部上場、URL https://www.nittoseiko.co.jp/)は、2006年に小物部品検査選別装置「ミストル( MISTOL ® )」を発売以来、小物部品の高精度の検査や高速性が求められる自動車業界を中心に高い評価をいただいてまいりました。

このたび、小物部品専用検査選別装置「ミストル( MISTOL®ロボタイプ」を開発し、 新たなラインナップとして2021年10月1日から受注開始、2022年1月1日から販売を 開始いたします。

 

■    製品開発背景

長年にわたって精密ねじ、セルフタッピンねじのリーディングカンパニーとして生産設備の内製化やお客様の生産体系に合わせた自動組立設備、検査設備を提供してまいりました。 そのノウハウを結集し、お客様の品質を高めることを目的として開発した小物部品検査選別装置「ミストル( MISTOL ® )」は発売以来、高い評価をいただいております。

お客様から傷つきやすい部品の自動検査装置のご要望を多く受け、このたび、小物部品専用検査選別装置「ミストル(MISTOL®ロボ タイプ」を開発いたしました。「ミストル(MISTOL®ロボ タイプ」は 、パーツフィーダを使用できないアルミなどの部品検査を自動で行うことが可能となり、お客様のモノづくりをサポートしてまいります。

 

■    製品概要・特長

大量生産部品の検査選別には一般的に振動を利用して検査対象を整列させ供給を行う自動部品供給装置「パーツフィーダ」を利用した全数選別機が使用されています。しかし、パーツフィーダは整列過程でワーク同士が接触しキズが付くため、デリケートな部品においては目視検査が一般的となっています。「ミストル(MISTOL®)ロボタイプ」は、バラ積み状態の部品をロボットが自動でピックアップして 検査部へ運び、OK品/NG品の判別 を行います。

 

(1)目視検査を自動化

パーツフィーダを使用できない傷付きやすい部品の検査をロボットが自動搬送して自動検査を行うため、検査員の確保が不要となり人手不足を解消します。

 

(2)人による検査レベルのバラツキ解消

検査内容に合わせて構成されたカメラで検査を行うため検査レベルが安定します。

 

(3) 簡単操作

操作はバラ積みの部品をセットして検査開始ボタンを押すだけ。

特別な教育は不要です。

 

(4) さまざまな部品検査に対応

傷付きや形状などの条件に左右されず部品の供給が可能です。

 

(5) 省力化設計

指定数量完了での停止や夜間運転に必要な自動停止の機能を標準装備し、無人化運転に対応可能です。

 appearance of the robot 2021-09-30 18.45.12.png

ロボット部外観

■ 製品外観・寸法・重量

 appearance of the product 2021-09-30 18.47.52.jpg

■ 製品仕様

  product specification2021-09-30 18.37.44.png

 

■    販売計画

  ターゲット業界    自動車部品自動車部品業界業界、家電業界

  希望販売価格     12,000千円より

  目標販売台      10 台 / 年

 

以 上

■    当ニュースリリース発信元

  日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング 課  課長 野田 明範

  〒223 0052 神奈川県 横浜市港北区綱島東6丁目2番 21 号

   電話 045-545-3316

令和3年6月30日 ステンレスねじ部会が関西支部会議室にて開催されました。
2021年07月21日    カテゴリ:04.委員会・部会の動き、支部の動き 

冒頭、西川部会長より以下の挨拶があった。
「材料市況の変動が目まぐるしい。このような状況に危機感もあり、ここを如何に
切り抜けて行くのかが重要な課題となってきていると思われる。
今回は久しぶりに部会員の方々が実際にお集まり頂いたので忌憚のない意見を頂いて
現状の情報交換、先の見通しなどを話会えればと思っています。」

引き続き、事務局より財務省貿易統計に基づく「ステンレスねじの輸出入について」
(2021年1月から3月のステンレス鋼製ボルト輸出入状況・同ステンレス鋼製ナットの
輸出入状況、ステンレス鋼の線材・丸線の輸出入状況の昨対データー比較)の発表が
あった後、市況に関する情報交換が行われ、部会員間で各社が抱える問題・疑問など
を率直に話し合った。

今回の会議は、協会事業としては今年度初めて会議室にお集まり頂く形(1名ZOO
M併行参加)で行われた。
顔を合わせての会議ではZOOM以上に活発な意見の交換が行われ、「充実した会だった
」との声も聞かれた。


次回のステンレスねじ部会は9月29日(水)に行われることになった。
(ただし、新型コロナ感染拡大状況による)

※ご参加いただいた部会員の皆様と会議の様子

0630sutenresu1.jpg

日東精工がユニバーサルロボット用ねじ締めユニット「PD400UR シリーズ」を新発売
2021年07月17日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

2021 年7月吉日

日東精工株式会社

 

 -----------------------------------------------------------------------------------------------

ユニバーサルロボット社の UR+製品認証を取得

〜ユニバーサルロボット用ねじ締めユニット「PD400UR シリーズ」を新発売〜

 -----------------------------------------------------------------------------------------------

■ はじめに

日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑 20 番地、東証一部上場、https://www.nittoseiko.co.jp /)は、ユニバーサルロボット社の「UR+」製品認証を取得したねじ締 めユニット「PD400UR」シリーズを、8月 30 日より発売開始いたします。

 

■    製品の開発背景

近年、生産現場における人員不足、生産性の向上、トレーサビリティ確保などのニーズにより、自動化の動きが加速している中で、安全柵の設置が不要で導入しやすい協働ロボットの普及が進んでいます。ねじ締め分野においても、協働ロボットに搭載可能で、簡単な操作で扱える高性能なねじ締め機の要望が高まっていました。

このたび発売する「PD400UR シリーズ」は、ユニバーサルロボット社「UR+」の認証を取得いたしました。ねじ締めユニットにおいては、日系企業として初めての認証取得となります。ユニバーサルロボット専用ティーチペンダントに導入可能な新開発のプラグインソフト URCap「NS SD600T」は、ティーチペンダントから締付けトルクやドライバ回転速度などを容易にアレンジすることが可能です。また、発売以来好評をいただいている高性能 NXドライバ T3シリーズ/SD600Tシリーズによる高精度・高品質なねじ締めを、直感的かつ簡単な操作で取り扱うことが可能です。

Universal Robots+ 2021-07-17 10.24.55.jpg

 

■ 製品特長

ねじフィーダよりねじをピックアップし、あらかじめ設定しておいた位置にねじを締付けます。ねじのピックアップは、マグネット式またはバキューム吸着式を選択いただけます。

 

1. 小型軽量ねじ締めユニット

ロボットに取り付けるねじ締めユニットを採用。ロボット動作に負担をかけません。狭いところにもアクセス可 能で、様々なアプリケーションに対応できます。

 

2. 高精度「NX ドライバ T3 シリーズ/SD600T コントローラ」を搭載

高精度なねじ締めが可能な「NX ドライバ T3 シリーズ/SD600T コントローラ」を標準搭載。締付けポイン トごとにそれぞれ異なるトルク値、回転速度などが設定可能です。16 種類のプログラムを保存することが でき、様々な条件に対応したねじ締めが可能です。

 

3. URCap「NS SD600T」による簡単セットアップ・ねじ締め設定

プラグインソフト URCap「NS SD600T」を新開発。導入時のセットアップがティーチペンダント上から簡単に実施できます。

また、ねじ締めコントローラ SD600T に保存されたねじ締めトルク・ドライバ回転速度などのパラメータを、ティーチペンダントからの直感的な操作で設定または変更が可能です。 目標トルクを入力すれば、最適な回転速度などを自動計算する「簡易設定モード」と、それぞれの値を独立して設定可能な「詳細設定モード」を準備いたしました。

 Plug-in soft setting 2021-07-17 10.25.26.png

プラグインソフト URCap「NS SD600T」 設定画面

 

■    製品外観 : 型式 PD400URV (バキューム吸着式)

 Picture of the product 2021-07-17 10.14.09.png

  

■    製品仕様

 The product specification 2021-07-17 10.14.26.png

 

■    販売計画

 希望販売価格 :  PD400URM (マグネット仕様)     980 千円 

  (税抜き)   PD400URV (バキューム仕様)     980 千円

 製品構成  : ① NX ドライバ T3シリーズ

        ② ねじ締めコントローラSD600T

        ③ ロボット取付用アタッチメント

        ④ URCap : NS SD600T

        ⑤ 付属品(ケーブル)一式

 発売開始日   : 2021年 8月 30日

 目標販売台数  : 10 台/月

 主要販売先   :自動車部品業界、電機メーカ、自動機メーカ 等

以上

 

■ 当ニュースリリース発信元

  日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

  〒223-0052 神奈川県横浜市港北区綱島東6丁目2番 21 号 

  電話:045-545-3316

 

 

日東精工が「健康経営銘柄 2021」、「健康経営優良法人 2021(ホワイト 500)」で高評価を獲得
2021年07月02日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

2021 年7月1日 

日東精工株式会社

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「健康経営銘柄 2021」、「健康経営優良法人 2021(ホワイト 500)」評価サマリーで高評価

 ~ 戦略活動の一つの健康管理に対して高い評価をいただきました ~

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑 20 番地、 東証1部上URL:https://www.nittoseiko.co.jp/)は、本年5月 10 日と6月 17 日に経済産 業省ホームページ内で公開されました「健康経営銘柄 2021」ならびに「健康経営優良法人 2021 (ホワイト 500)」の評価サマリーにおいて、当社は全業種の中で総合評価が上位 10%以内、また順位は1~100 位圏内に評価されましたのでお知らせいたします。

 

各種評価サマリーの詳細につきましては、以下リンク先をご参照下さい。

●健康経営銘柄 2021 の評価サマリー

 https://www.meti.go.jp/press/2021/05/20210510001/20210510001.html

●健康経営優良法人 2021(ホワイト 500)の評価サマリー

 https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210617002/20210617002.html

 

■    背景

当社は社是に、健康を増進し、よい人づくりを行うことをうたい、創業当初より健康で働きやすい職場環境づくりに努めてまいりました。2019 年から始まった中期経営計画「NITTOSEIKO Mission "G"」の戦略テーマでは、「健康経営」の概念を盛り込み、社員のQOL(生活の質) 向上に取り組んでいます。2020 年3月には、「健康経営優良法人 2020(大規模法人部門)」の 認定、本年3月には、「健康経営銘柄 2021」、ならびに「健康経営優良法人 2021(ホワイト 500)」 に認定されております。

 

■    健康経営銘柄 2021 とは 2021 Health & Productivity Stock2021-07-02 7.08.50.png

経済産業省と東京証券取引所が共同で、東京証券取引所の上場企業の中から「健康経営」に優れた企業を選定し魅力あ
る企業として紹介することを通じ、健康経営に取り組む企業が社会的に評価され、「健康 経営」の取り組みがさらに促進されることを目指す取り組みです。 認定基準においては、「経営理念」「組織体制」「制度・施策実行」「評 価・改善」「法令遵守」という 5 項目にて評価した上で、財務面でのパ フォーマンス等を組み入れて選定されます。選定企業は基本的に1業種1社で、取り組み調査 の結果において各業種で最も高い健康経営度の企業の平均を算出し、その平均より高い健康 経営度である企業も選定されます。

 

 ■ 健康経営優良法人(ホワイト 500)とは Excellent Health Management 2021 (White 500) 2021-07-02 7.09.11.png

健康経営優良法人認定制度は、優良な健康経営に取り組む企業を「見える化」し、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り 組んでいる企業」として認定される制度です。認定基準においては、 経営者の自覚や法令遵守はもとより、定められた「認定の基準と要件」 に基づき審査を受け、健康経営の実践に向けた基礎的な土台づくりとワークエンゲージメン トといった企業の取り組みが評価されるもので、上位 500 法人が健康経営優良法人(ホワイト 500)に該当します。

 

■    健康経営度調査とは

 評価サマリーに必要となる企業等の健康経営の取組状況に回答する法人は、2020 年度が2,533 社、日経平均株価を構成する 225 銘柄のうち8割を超える企業が回答するなど年々増加傾向にあります。

「健康」は ESG(環境・社会・ガバナンス)情報の「S(社会)」に位置付けられており、企 業経営における「健康」の位置づけに関心が高まっています。

 

■    今後の取り組み

 従業員及び家族の健康は、会社にとってかけがえのない「財産」であると考え、ひとりひとりの多様性に応じた、心と体の健康を自ら考えて行動できる人づくり、環境づくりを推進し、組織を活性化し生産性を高めることで、さらなる企業価値向上を図ってまいります。

また、本社のみならず国内外の当社グループ企業に健康経営を展開してまいるとともに健 康企業のアンバサダーとして邁進してまいります。

 

■    会社概要

 日東精工株式会社は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査装置などを製造販売するメーカです。世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは、大きなシェアを誇ります。 人口3万人余りの京都府綾部市に本社を置きながら、8か国 33 社のグループ企業を有し、「よい自己をつくり、よい仕事をし、よい貢献をする」という社是に基づき、地域の雇用と発展に寄与することを目指しております。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

                      日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範

                      TEL:045-545-3316  FAX:045-545-6935

以上

日東精工がファスナー事業部 65 周年記念!6月 1 日「ねじの日」にねじ写真・絵ハガキを大募集!
2021年06月02日    カテゴリ:15.会員企業の広報誌・ニュースレター 

15.会員企業の広報誌・ニュースレターの投稿ページです。会報ねじでは、皆様の広報誌、ニュースレター、プレスリリースを掲載し、紹介して参ります。

ご相談はこちら

今回は、日東精工様より届いたプレスリリースをそのまま掲載致します。

 

---------------------- 以下日東精工様プレスリリース ----------------------

 

NEWS RELEASE

 

2021年6月1日 

日東精工株式会社

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------

ファスナー事業部 65 周年記念! 6月 1 日「ねじの日」にねじ写真・絵ハガキを大募集!

~ 各賞には豪華な景品をプレゼント ~

----------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

■    はじめにNejinohi Promotion 2021-06-02 8.56.07.png

日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑 20 番地、東証1部上場、URL: https://www.nittoseiko.co.jp/)は、当社ファスナー事業部 65 周年を記念し、ねじにまつわる写真または絵ハガキを6月 1 日 「ねじの日」に合わせて公募いたします。

 

■    募集の背景・詳細

日東精工は BtoB(企業間取引)を主とするメーカーであり、一般消費者の方と接する機会は多くありません。しかしながら、当社の人財教育を一冊にまとめた書籍『人生の「ねじ」 を巻く 77 の教え』(ポプラ社)や、「受験生応援ねじプレゼントキャンペーン」が話題になるなど、少しずつつながりを深めてまいりました。これらのさまざまな活動を通じて、ねじ の大切さ・おもしろさをさらに多くの方に知っていただきたいと考えており、今回6月 1 日 の「ねじの日」に合わせて、本キャンペーンを企画いたしました。

当社は本年、ねじ製造 65 周年を迎えます。これまで約 6,500 億本のねじを製造してきま したが、今一度その一本一本の物語に思いを馳せるとともに、多くの方とともにねじの魅力 を再発見する機会となればと存じます。

本キャンペーンは6月 14 日に応募を開始し、表彰に応じて景品をプレゼントいたします。

 

■    応募内容

テーマ :撮ってみよう!ねじの写真,描いてみよう!ねじの絵ハガキ 作品サイズ:ハガキまたは同サイズの用紙(100 x 148mm)

Picture and drawing 2021-06-02 8.56.23.png

応募資格 :問いません

画 材 :カラー、モノクロとも可

ただし、コピーは不可

 

■ 応募方法

 ハガキの表に作者本人の郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、生年月日、電話番号を明記の上、下記の宛先へお送り下さい。入賞景品の発送で確認する場合がありますので電話番号を必ず明記下さい。ご応募はお一人様1回限りといたします。

送付先 : 〒223-0052 神奈川県横浜市港北区綱島東6-2-21

          日東精工株式会社『ねじ写真・絵ハガキコンテスト』係

 

■    応募期間

2021 年6月 14 日(月)~7月 31 日(土)締切日当日の消印を有効といたします。

 

■    表彰

応募いただいた作品から社内で厳選して表彰します。

最優秀賞(1名) ねじっとくん※ぬいぐるみ(大)、VISA商品券(1万円) 

優秀賞 (2名) ねじっとくんぬいぐるみ(大)、綾部特産セット(お菓子) 

佳作 (10名) ねじっとくんクリップ

 

最優秀賞、優秀賞の作品は 2021 年8月 11 日(水)から一定期間弊社ホームページ (https://www.nittoseiko.co.jp)内で掲載いたします。

 

応募結果の可否については個別のお問い合わせに応じておりませんのでご了承ください。 また、作品の返却は原則行いませんのでご了承ください。

 Nejittokkun 2021-06-02 8.56.34.png

※「ねじっとくん」は、当社のオリジナルキャラクターです。

2015 年のねじの日に、一般の方から募集し名付けていただきました。

 

 

 

■    会社概要

日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)やねじ締め機、計測・検査装置などを製造販売するメーカーです。1956 年の十字穴付きねじ製造開始から、本年でファスナー事業部は65周年、世界で初めて精密ねじの量産化を成功させ、精密ねじ、セルフタッピンねじでは大きなシェアを誇ります。国内だけでなく、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア、中国、韓国、アメリカなどグローバルに事業展開をしております。

近年はCSR活動にも注力しており、ねじの大切さと素晴らしさを伝え、一般認知度の向上 とブランド力の強化に努めております。

 

■    本件に関するお問い合わせ先

 【東京支店】神奈川県横浜市港北区綱島東 6-2-21

日東精工株式会社 経営企画室 マーケティング課 課長 野田 明範 

TEL:045-545-3316 FAX:045-545-6935

 

以上

「ねじの日」に寄せて
2021年06月01日    カテゴリ:12.協会役員ご挨拶 

2021年「ねじの日」に寄せて

一般社団法人日本ねじ工業協会Mr.Tsubaki.png

一般社団法人日本ねじ研究協会

会長  椿 省一郎

  新型コロナウイルスの蔓延と全世界への感染症の急激な拡大が続き、ワクチン接種は追い付かず治療薬もない中で、感染拡大をおさえる手段は人と人との接触を極力控えるしかない状況が続き、人と物と情報の相互交流の大切さを改めて実感した1年余りでした。そして再び「ねじの日」を迎えました。

 この間、社会と経済に大きな影響があったばかりでなく、生活や働き方にも大きな変化がありました。 我々の職場においても、感染対策として3密回避、マスク着用、対面営業の自粛、会合・行事の中止と続き、代ってテレワーク、Web会議、そして他分野へのロボット展開、AI、DXの採用拡大となりました。

さてこのITを活用したデジタル化は、コロナ対策で早まりましたが、その利便性と有効性からさらに伸展するし、「新たな日常」として捉えておく必要があると思われます。同時に、対面対話や三現体験による知恵獲得の機会が減る可能性もあり、その対策も課題と考えられます。

確かにデジタル化は、過去の実績から現状分析し、正常異常や変化点の把握、そして未来予測については、想定内の条件下であれば、迅速・詳細かつ的確であり情報の共有化にも適していますが、想定外の場面では三現主義が大切で有効となります。

またWeb会議は移動のロスもなく、複数会場から同時に参加できる利点はありますが、発言場所が異なるためか場の空気は伝わりにくく、雰囲気が一つになって話が弾む生きた対話をする工夫が必要かと思います。

同時に「リアルの交流の意味と価値」を問い直し、その重要性を認識して、「リアルな接触の機会」も選択する時が来ていると思います。

 当協会としても、「新たな日常」の中で益々重要になってきている情報共有の場を、デジタルツールを活用したオンラインセミナーなどで、その在り方を模索しつつ実現させていきたいと考えています。

 たとえどんな時代が来ようとも、「ねじ」はあらゆる産業で必要不可欠な締結部品として重要な役割を担い、需要産業の品質向上及び安心・安全に貢献してきており、これからも日本のものづくりを支えていかなければなりません。まさに「この世はねじでできている」です。

 改めてこの「ねじの日」に、ねじ業界に携わる我々がその誇りを顧み、ねじの重要性を再認識し正しく評価される機会に出来ればと思います。

 そして「新たな日常」では、ITツールを積極的に活用し、需要業界からの高度なニーズを素早く捉え、我々ねじの製造業者と流通業者が連携を密にして車の両輪のごとく協力し合い切磋琢磨することが出来ればと思っておりますので、今後とも皆様からの更なるご支援、ご協力を心からお願い申し上げる次第です。

 最後になりましたが、皆様方の今後の更なるご発展並びにご健勝、また一日も早くコロナ感染が終息することを心よりご祈念申し上げて、「ねじの日」のご挨拶とさせていただきます。

 

以上

 NejiLogo 2021-06-01 8.04.12.png